ブログ

寒暖差疲労について1

2018年3月18日放映の健康カプセル!ゲンキの時間で「寒暖差疲労」について特集していました。

以前から優整体センターでもお伝えしていましたが、ここではおさらいも含めて再確認していきたいと思います。

ここ札幌でも雪解けが急速に進み、本格的な春に向かっています。しかし、本州のように暖かく過ごしやすい季節とはまだ言えません。

この時期、優整体センターでも何故か体調を崩す方が多いです。その原因として、「寒暖差疲労」があると思います。この時期特有の寒暖差に体がついていかず体調を崩すようです。

さらに、この時期の寒暖差での体調不良は、夏バテのきっかけになる可能性もあります。それでは、寒暖差が激しいと何故体調を崩す人が多いのでしょうか?

テレビ番組では、その理由を「活性酸素が多くなるから」と説明されていました。

「寒暖差が激しい春は、自律神経が乱れて活性酸素が多くなりやすいため、体調を崩す人が多くなります。自律神経とは、無意識のうちに身体の各機能を調整するように働く神経。

緊張状態のときに優位になる交感神経と、リラックスしている時に優位になる副交感神経の2種類があります。寒い場所では交感神経が、暖かい場所では副交感神経が優位になります。

寒暖差が激しくなると、それが大きなストレスとなり、交感神経が優位になりっぱなしになることがあります。その影響で、活性酸素が増えるのです。」次回につづく。

自律神経専門院 優整体センター

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。