ブログ

寒暖差疲労について6

健康カプセル ゲンキの時間では、寒暖差以外にも、自律神経の乱れが原因となる病気として春には、「気管支喘息やアトピー性皮膚炎」について言っていました。

「他にも、自律神経の乱れによって気管支喘息やアトピー性皮膚炎などのアレルギーの病気が悪化する可能性もあります。」

優整体センターでは、首肩こりで来院されている方の中で、気管支喘息やアトピー性皮膚炎などのアレルギーの病気にかかっている方もいます。

元々、副交感神経が優位の方々なので、筋肉自体は柔らかい人が多いです。なので、なぜこの人が首肩こりになるの?と感じることが多いですが、体内静電気量から捉えると、交感神経が優位の人と大して変わりません。

しかし、副交感神経が優位の方の頭と首からの放電は難しいですが、施術後、首肩こりの悩みで来たはずなのに、「あれ、かゆみがなくなっている」とか、「喘息の発作が軽くなりました」という声は多くあります。

これらのことからも優整体セラピーは、一部分を改善するのではなくて、体質自体に働きかけているのがわかると思います。

このような症状でお悩みの方は、優整体センターにお越しください。

自律神経専門院 優整体センター

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。