ブログ

インド最高裁 携帯基地局、がんの原因と認める2

携帯基地局タワーからの放射線に関する最高裁の判決
このケースでは、 グワリエルのダール・バザール地区のプラカシュ・シャルマの家で家庭のヘルパーとして働く ティワリ(Harish Chand Tiwari) という男が隣人の家に設置された「違法な」BSNL[Bharat Sanchar Nigam Ltd. インドの政府系大手通信事業者]携帯基地局タワーが彼にがんをもたらしたと最高裁判所で主張した。

ティワリの代理人だったシャルマ(Nivedita Sharma)は住居から50m以内に設置されたBSNLタワーががんの一形態である「ホジキンリンパ腫」を引き起こしたと訴えの中で述べた。

そして、このがんは、2002年以来、放射線への週7日・1日24時間の継続的かつ長期の曝露に起因するものであったと主張した。

判事ゴゴイ(Ranjan Gogoi)とシンハ(Navin Sinha)による法廷は「われわれは特定の携帯基地局タワーが今日から7日間以内にBSNLによって稼働を停止されるべきであると命じる」と述べた。

このようにして、このタワーは放射線によるがんのために閉鎖される最初の携帯基地局タワーになった。

自律神経専門院 優整体センター

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。