ブログ

紫外線のうそ・ほんと1

以下の文章は、紫外線環境保健マニュアル2015 2015年3月改訂版 環境省から抜粋します。

世界保健機関(WHO)では、「Global Solar UV Index-A Practical Guide」として紫外線に関するガイドブックを出しています。その中にまとめられている「紫外線のうそ・ほんと」をご紹介しましょう。

(間違い)
日焼けは健康的である。
(正解)
日焼けは、私たちの体が紫外線による被害を防ごうとする防御反応です。

(間違い)
日焼けは太陽紫外線を防いでくれる。
(正解)
その効果は小さく、SPF4程度です。

(間違い)
曇った日には日焼けをしない。
(正解)
薄い雲の場合、紫外線の80%以上が通過します。大気中のエアロゾル(もや)は紫外線ばく露を増加させます。

(間違い)
水の中では日焼けをしない。
(正解)
水はわずかな紫外線しか防いでくれません(水深50㎝で地表面の40%)。また、水面の反射は紫外線のばく露を増やすといえます。

(間違い)
冬の間の紫外線は危険ではない。
(正解)
一般的に冬の紫外線は弱いが、雪による反射により2倍近いばく露となります。特に高い山では顕著です。春先の、気温がそれほど高くないが紫外線の強い時は、特に注意が必要です。

自律神経専門院 優整体センター

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。