ブログ

真夏でも身体が冷えるの?6

「夏バテ」とは、夏の暑い時期に疲れが取れにくくなったり、ひどくなるとやる気が出なくなったりする状態のことで「暑気当たり」とも言われます。

なぜ夏バテ、暑気当たりが起こるのかというと、私たちは汗をかくことで体を冷まし体温を維持しています。

汗をかいて体を冷ます時に使われるエネルギーが、自分のエネルギー量を超えてしまうことでエネルギー不足となり「夏バテ」してしまうのです。

さらに現代の夏は、どこに行っても冷房が効いているため「冷気当たり」による「夏冷え」が起こりやすくなります。

体を冷やすエネルギーだけでなく、体を温めるエネルギーも必要となり、そのためエネルギーが不足しやすく、結果「夏バテ」が以前よりも起こりやすくなっているのです。

現代の夏バテは、夏の寒暖差に伴うエネルギー不足が引き起こす症状と考えることができます。

自律神経専門院 優整体センター

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。