ブログ

震災後2日間停電した結果

平成30年9月6日午前3時8分ごろ、北海道胆振(いぶり)管内厚真町(あつまちょう)で道内初の震度7を観測しました。

当院の所在地は、札幌市清田区里塚です。ここの地域は、たびたび液状化のニュースで出ていたところです。

震災直後、北海道全域で2日間停電しました。来院してくれている人たちの中に、電磁波過敏症の方々が数名います。

その方々は、私に同じことを言いました。

「いや~すごい体験をしました!このようなことは二度とないと思います。」

「2日間電気がない生活は、普通では考えられないと思いますが、電磁波過敏症の私としては最高でした。」

「まず暗くなればすぐ寝付けました。朝にはすっきり目が覚めました。頭痛やめまいが一切ありませんでした。」

「電磁波の影響が如何に凄いのか!ということを実感しました。そして、電気が開通して台所に立ったら夢が覚めて現実に戻りました。」

実は、私も同じ体験をしました。なので、電磁波過敏症の方々が言いたいことがすぐにわかりました。もしもこのブログを読まれている方の中で、私達と同じ体験をされた方は、もしかしたら仲間かもしれませんね!

自律神経専門院 優整体センター

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。