ブログ

自律神経の乱れが引き起こす疾患1

A.自律神経失調症
精神的なストレスや過労が引き金となって自律神経が乱れ、心や体に不調があらわれた状態です。

不安や緊張、抑うつなどの心のトラブルにより、吐き気をはじめ多汗、全身の倦怠感、頭痛、肩こり、手足のしびれ、動悸、不整脈、めまい、不眠などの症状があらわれます。あらわれる症状は人によって大きく違うのが特徴です。

上記の症状を訴えて当院に来られる方々は、施術していて殆どの方は冷えています。

つまり交感神経が優位になり、血流が悪くなっています。その根本原因は、体内静電気です。

体を温めなさいというよりは、体を冷やさないような対策が必要です。

自律神経専門院 優整体センター

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。