ブログ

自律神経の乱れが引き起こす疾患2

自律神経の乱れが引き起こす疾患2
B.神経性胃炎
仕事などによる精神的なストレスや過労が原因となる胃炎です。

ストレスや生活習慣の乱れなどから、自律神経がバランスを崩して胃酸が過剰に分泌され、気分がふさぐ、のどがつかえる、胸やけがする、胃が痛む、胃がもたれるなどの胃炎の症状を引き起こします。

仕事などの精神的なストレスや過労などの身体の疲労は、交感神経を優位にさせます。疲れて体を休めさせたくても、中々リラックス出来ない身体になっています。

このような状態が続くと、胃の蠕動運動をさせる筋肉も筋肉に栄養を届ける毛細血管も緊張状態で拘縮することで、体内静電気が増えて結果的に消化不良を起こします。

自律神経専門院 優整体センター

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。