ブログ

自律神経の乱れが引き起こす疾患3

C.胃潰瘍
ピロリ菌やストレス、非ステロイド性消炎鎮痛剤、ステロイド薬などが胃粘膜に傷をつけ、さらに消化作用を持つ胃酸・消化酵素が胃粘膜や胃壁を消化することにより起こります。

特徴的な症状は、みぞおち周辺のズキズキとした重苦しい痛みです。

胃潰瘍は胃に入った食べ物が潰瘍を刺激して痛むので、食事中から食後の痛みが多くなります。その他、胸やけや胃もたれをともないます。神経性胃炎を更に酷くした場合、このような症状を引き起こす可能性があります。

自律神経専門院 優整体センター

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。