ブログ

精神的な健康を保つには食事が大切!1

健康的な食生活が身体に良いことは言うまでもありません。
心理学者やヘルスケアに関する研究によると、身体だけでなく精神的な健康にとっても大きな効果があると言われています。

ある研究者が5つの栄養素をもとに、食事と精神の関連性を解説していましたので、シリーズでご紹介させて頂きます。

1.複合糖質
糖質は、血糖値を早くあげる「単純糖質」と、ゆっくりあげる「複合糖質」に分けられます。

単純糖質は、砂糖やブドウ糖、果糖などで、お菓子や果物に含まれる糖質です。単純糖質はすぐ体内に取り込まれてしまい
血糖値を大きく増減させることになるため、逆に精神が不安定になりやすいと言われています。

一方、複合糖質は、穀類やイモ類、豆類に含まれるでんぷんが代表格です。複合糖質は、消化と吸収の間に、複合糖質から単純糖質への分解という手間が入るため、吸収に時間がかかるため、血糖値の上昇速度を緩やかにでき、これが精神的な安定につながるとのことです。

精神安定の観点では単純糖質が悪者になりますが、糖尿病を患っている方は、普段の食事では複合糖質を中心になりますが、薬物療法をしている人では、薬の作用が強く出てしまい低血糖状態になってしまった時は、単純糖質を摂るようにした方が良いです。

自分の体調やそのときの状況にあわせて、2つの糖質を使い分けることが大切です。

自律神経専門院 優整体センター

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。