ブログ

2.環境の変化 その2

紫外線

紫外線のピークは夏場ですが、これも静電気発生の原因の一つです。

以前、昭和大学医学部の堀泰典教授に質問しました。 すると「紫外線は、電磁波と同じように考えなさい。長時間炎天下にいると体内静電気が増えて、細胞は酸化し、酷くなるとガンにもなります。」と教えてくれました。

交通事故による外傷

むち打ちは、頚椎のねんざです。ねんざで炎症が起きると、微弱電流が流れずに静電気を発生させ、その場に留まります。それが更に「痛みやコリ」を引き起こします。 これからもわかるように、体の不調の原因は、体内静電気なのです。

自律神経専門院 優整体センター

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。