ブログ

暑がり寒がりの人 その1

私自身が極度の冷え性なので、長年暖活をしてきました。最初の頃は、いくら温かい恰好をしてもすぐに暑くなり、汗が出てきて、その汗が原因で更に体を冷やすことの繰り返しでした。

しかも、夏になると暑がりになり、冬になると寒がりになります。私のような症状を起こしている人は意外にも多くいると思います。

暑がりの人の中には冷え性の人がいます。本当は身体の芯が冷えているのに自覚がなくて、冷やす生活を好み、冷え性を進行させてしまうので、冬になるといよいよ冷えきってしまうのです。

私は夏には、ギンギンに冷やした飲みものや食べ物を好んで食べていました。熱いものは食べなかったと思います。今振り返ると、なんとアホなことをしていたと反省しています。

冷え性なのに暑がる原因としてあげられるものは、「内臓冷え」です。夏は身体が熱を放出させようとするために、内臓が冷えやすい状態になっています。

クーラーで室内を冷やし過ぎ、冷たい飲食を摂りすぎると、身体は冷えている状態に慣れてしまい、外気温の暑さが耐えられなくなってしまいます。

しかし本当は冷えているので、冬になると、非常に冷えが辛く感じるようになります。

暑がりの裏側には冷えが潜んでいる場合が多いので、一度自分の身体と生活を見直した方が良いでしょう。

今回は、冷え性なのに暑がる原因としてあげられるものとして、「内臓冷え」について話しましたが、次回はもう一つの原因について話したいと思います。

自律神経専門院 優整体センター

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。