未分類

  1. 目と自律神経

    眼精疲労・疲れ目・ドライアイ等の目の症状の原因は大きく分けて二つです。" 頭部の血流・リンパの循環の低下" 自律神経の乱れ頭部の血流・リンパの循環不全 頭部への血流が低下すると、眼球と視神経の中枢である脳幹に酸素や栄養素を十分に送り届けることができなくなります。

    続きを読む
  2. 頭痛と自律神経

    頭痛の原因の7割は緊張型頭痛です。緊張型頭痛は、緊張した筋肉が神経を圧迫することで起こります。交感神経が優位になると、自動的に肩~首~頭部の筋肉が緊張しますので、緊張型頭痛が起こり易くなるのです。この場合は副交感神経を活発にして交感神経を抑えることが必要になります。

    続きを読む
  3. 自律神経とパニック障害

    パニック発作が起きるときは必ず交感神経が過剰に働いています。そもそも交感神経は危機が迫った時の防衛反応として、体を「闘争&逃走」モードにするためのシステムです。

    続きを読む
  4. 自律神経を細分化

    自律神経は交感神経と副交感神経に分けられ、さらに細分化を続けていくと、神経細胞、(ニューロン)と呼ばれる物質になります。神経回路は何万個にも及ぶ、ニューロンの集まりです。

    続きを読む
  5. 健康のためにはストレスを溜めない

    食事や買い物などストレス発散方法は多岐にわたりますが、体のストレスである疲労物質や老廃物も一緒に取り除く、運動はストレス解消効果がとても高いです。また、運動を行うと脳にストレス耐性に関する器官が発達するとされています。

    続きを読む
  6. 自律神経の乱れを予防する

    自律神経の乱れの原因は主にストレスです。肉体的なストレスはお風呂に入ったり、夜に熟睡することで、ほとんどが解消されます。もしも、解消する暇もないほど働いている方は、休んでください。

    続きを読む
  7. 生活習慣を整え、朝日を浴びると良い

    自律神経は生活習慣が乱れたり、体内時計が乱れたりすると、乱れます。人間の体内時計は地球の自転のスピードと1時間ずれていて、25時間と言われています。なので、何もしなければ、自然と人の体内時計は地球時間とずれてしまうようになっています。

    続きを読む
  8. 自律神経を整える効果的な方法は運動

    運動を行うと呼吸が深くなる他、さまざまな場所の筋肉を使用するので、交感神経と副交感神経が体中で刺激され、自律神経の乱れが整います。運動は激しいものよりも、ツラくない程度の強度が自律神経を整えるのに適しています。

    続きを読む
  9. 自律神経を整える方法

    自律神経は交感神経と副交感神経のバランスで成り立っています。どちらか一方が優位に働きすぎてもダメで、シーソーのように交互に優位性を譲り合いながら、バランスの取れた状態が理想です。自律神経を整える最も簡単な手段は深呼吸自律神経を整える最も簡単な手段は深い呼吸です。

    続きを読む
  10. 自律神経失調症とは

    自律神経が正常ならば、仕事中や運動中などは交感神経が働き、心身が興奮し活発になる休息時・夜間睡眠時は副交感神経が働き、心身がリラックスして回復優先モードになるこのように交感神経と副交感神経がうまくバランスをとって働き、心身が健康を維持できるのです。

    続きを読む
ページ上部へ戻る