お知らせ

体内静電気の痛さ

最近お客様の身体を施術していると、
お客様の身体から感じる体内静電気が痛く感じます。

お客様は、施術中の私の顔を見ることがありませんが、
親御さんやご夫婦で来られる場合には、
私の顔が痛みでゆがむ姿を見られることがあります。

何故、他人の身体に触れただけで痛いのか?と疑問に思われるかもしれません。

その訳は、私が電磁波過敏症で、体内静電気に敏感な体質だからです。
だからこそ、身体を触ると、どこに体内静電気が溜まっているのかがわかります。
そして、体内静電気が解消し、微弱電流が流れ始めるのもわかります。

人体に微弱電流が流れていることは、医学を学ぶ人ならば
わかると思います。

しかし、医学を学んでいる人でも、身体のどこに微弱電流が滞るのか、
微弱電流が滞ると、人体にはどのような影響があるのか、
などはわからないと思います。

人間の身体には微弱電流が流れています。
その流れがスムーズな場合は、私は何も感じません。

しかし、電磁波やストレスなどで微弱電流の流れが滞ると、
私の指先は「ビリッ」と感じます。

seidenki.png

しかも、体内静電気量が多いところは、冷えとして感じます。
ですから、私の顔がゆがんだ時には、冷えとビリッが
同時に感じていると思ってください。

この施術のことを知らない人から、「弟子を作った方がいいのでは?」と、
言われることがあります。

しかし、この施術は、私のように体内静電気を感じ取れる能力がないと出来ません。
例え体内静電気を感じ取れる能力があったとしても勧めることはありません。

でも、蓄積したノウハウは、いずれ何らかの形で発表できたらと思います。

ページ上部へ戻る