ブログ

  1. スマホの時間 わたしは何を失うか1

    昨年2月15日、日本医師会・日本小児科医会が、子どもたちのスマホ利用に関する啓発ポスターを発表しました。このポスター、全国17万カ所の診療所に配布されました。内容は、下記に記しました。

    続きを読む
  2. 若い人に増加「スマホ老眼」の実態を探る2

    前回、「スマホ老眼」にならないためにはどうしたらいいのか。味木院長は「連続使用を避ける。断続にして休憩を入れる。少し離しがちにしていただいて、雑誌を読むとか読書の距離にしていただくほうがいいと思います」と話していると書きました。私はかなり甘いアドバイスだと思います。

    続きを読む
  3. 若い人に増加「スマホ老眼」の実態を探る1

    近くの物が見えにくかったり、文字がぼやけたりする「老眼」のような症状を感じる20代や30代の若い人が増えている。その原因の一つとみられるのが、急速に普及しているスマートフォンだ。「スマホ老眼」とも言われる症状の実態と予防法を取材した。

    続きを読む
  4. “スマホ認知症”20代の物忘れ外来患者も3

    前回、脳神経外科医・奥村歩医師の話「移動中、食事中、休日、就寝前、スマホと一緒に過ごしていたこの時間をぼんやりする時間に切り替え、スマホ認知症と無縁の生活を。」ということは、相当甘いアドバイスと言いました。私ならば、スマホを枕元から2メートル以上離します。

    続きを読む
  5. “スマホ認知症”20代の物忘れ外来患者も2.

    前回、【the SOCIAL lifeより】脳神経外科医・奥村歩医師の話を通して、スマホ認知症が患者の30%が40代~50代、10%が20代~30代と若年層に増えているということを載せました。私も以前からスマホ認知症が増えると予想していました。

    続きを読む
  6. “スマホ認知症”20代の物忘れ外来患者も1

    いま、働き盛り世代の人に「スマホ認知症」の症状を持った人が増えているという。スマホと認知症の関係とは?スマホ認知症は若者たちがかかるという。

    続きを読む
  7. 寝るときのレッグウォーマーを履くと睡眠の質は上がる?

    寝るときにレッグウォーマーを履くと靴下はいらない?「靴下」を履いて寝ようとした場合、足先に熱がこもってしまう事でうまく放熱できなくなる事。

    続きを読む
  8. 寝るときのレッグウォーマーを履くと睡眠の質は上がる?

    寝るときにレッグウォーマーを履くと良い理由睡眠中にレッグウォーマーを履いて寝ると睡眠の質が上がりやすくなると言われています。特に、ひどい冷え性で足元が寒すぎて、なかなか寝つく事が出来なく、寒すぎて目覚めてしまうような事が多い人にはオススメの対策方法です。

    続きを読む
  9. 寝るときのレッグウォーマーを履くと睡眠の質は上がる?

    レッグウォーマーの効果について来院されたお客様には常々、寒暖差疲労を防ぐためには、寝る時にもババシャッツ、ももひき、はらまき、ルーズソックスを履くようにと勧めています。

    続きを読む
  10. NHK ガッテン 「つら~い冷え症が改善!血管若返り術」4

    2017年2月8日(水)の放送で、冷え性に関する特集をしていました。3."血管の若返り"で冷え症を改善!新しい改善ワザ"血管のばし"が生み出されたきっかけは「冷え症の人の血管が硬い、ということは、逆に柔らかくしたら冷え症も良くなるのではないか?」という、素朴な疑問からでした。

    続きを読む
ページ上部へ戻る