ブログ

  1. 体内静電気を抜く3-1

    体内静電気がたくさん溜まると、私の手はビリビリします。ビリビリ感の違いで体内静電気の量がわかります。それでは、体内静電気が溜まると体の中はどうなるのでしょうか?これが多くの人たちの疑問だと思います。体内静電気が発生する原因につきましては、これまで何度もブログで述べてきました。

    続きを読む
  2. 体内静電気を抜く2

    前回、生き物は自ら発電させて動く(生きる)ため、摩擦によって必ず静電気が生じます、と言いました。自ら発電する動物としては、電気クラゲ、ナマズ、ホタルなどが有名ですよね。優整体センターに来院されるお客様に微弱電流の話をすると、びっくりして拒絶する方がいます。

    続きを読む
  3. 体内静電気を抜く1

    これまでは体表静電気の原因と対策について述べてきました。これらの情報は、一般的なので皆様もご存知の方も多いと思います。優整体センターで除電しているのは、体表静電気の他にも体内静電気を除電しています。

    続きを読む
  4. 体表静電気を予防する方法2

    体表静電気を予防する方法は、3つあります。1.衣類などの素材の摩擦を意識する2.肌の乾燥対策をする3.空間を加湿する今回は、【2.肌の乾燥対策をする】と【3.空間を加湿する】について述べます。

    続きを読む
  5. 体表静電気を予防する方法1

    体表静電気を予防する方法は、3つあります。1.衣類などの素材の摩擦を意識する2.肌の乾燥対策をする3.空間を加湿する今回は、【1.衣類などの素材の摩擦を意識する】について述べます。

    続きを読む
  6. 体表静電気とは、

    「ドアノブを触ったら、ピリッと電気が走った…!」。こんな経験って、誰でもあるものです。 これは、いわゆる「静電気」と呼ばれるもので、「真冬のよく乾燥した日」に起こる自然現象です。この体表静電気の主な原因として、衣類の“着合わせ”による摩擦が考えられます。

    続きを読む
  7. 寒暖差疲労について8

    健康カプセル ゲンキの時間では、寒暖差疲労対策として3つのスイッチを提案しています。「寒暖差に負けないためにも、自律神経のバランスを整える事が大切です。

    続きを読む
  8. 寒暖差疲労について7

    健康カプセル ゲンキの時間では、寒暖差の影響は体質によっても異なりますが、生活習慣が影響していることも多いと言っております。「寒暖差に弱い人の特徴として、①手足が冷たく感じることが多い。②熱中症にかかったことがある。③普段の生活が不規則。④お酒を週2回以上飲む、飲酒量が多い。

    続きを読む
  9. 寒暖差疲労について6

    健康カプセル ゲンキの時間では、寒暖差以外にも、自律神経の乱れが原因となる病気として春には、「気管支喘息やアトピー性皮膚炎」について言っていました。「他にも、自律神経の乱れによって気管支喘息やアトピー性皮膚炎などのアレルギーの病気が悪化する可能性もあります。

    続きを読む
  10. 寒暖差疲労について5

    健康カプセル ゲンキの時間では、寒暖差以外にも、自律神経の乱れが原因となる病気として春には、「うつ病?」について言っていました。「緊張やストレスで交感神経が優位になると、脳を活性化させるドーパミンやセロトニンが分泌され活動状態になります。

    続きを読む
ページ上部へ戻る