ブログ

  1. 紫外線が増えるとどうなるのだろう?

    以下の物語は、紫外線環境保健マニュアル2015 2015年3月改訂版 環境省から抜粋したものです。さ く ら : 人以外にも紫外線は影響があるの?パウル博士: 紫外線は生物に影響を及ぼすんだよ。例えば強い紫外線は、病原菌を殺す力もあるんだよ。

    続きを読む
  2. 紫外線が増えるとどうなるのだろう?1

    以下の物語は、紫外線環境保健マニュアル2015 2015年3月改訂版 環境省から抜粋したものです。さ く ら : たろうくん、海水浴、楽しかったよね。た ろ う : ウン、もっと長くいたかったよなあ。でもさあ、着いた日の午後に、泳ぎに行っただろう。

    続きを読む
  3. 携帯ラジオと電磁波

    自律神経専門院 優整体センター...

    続きを読む
  4. 肩コリ・首コリと自律神経

    交感神経優位状態では、闘争や逃走に有利なように筋肉に力が入りやすくなってしまいます。この状態が続くことで、肩首が慢性的に緊張してしまうのです。運動器(骨格・筋肉)の調整だけではなかなか改善しない肩コリ・首コリの場合、自律神経の乱れが原因として潜んでいる場合が多いのです。

    続きを読む
  5. 耳の症状と自律神経

    交感神経優位状態が続くと内耳、中耳、そこから脳へ通ずる神経(前庭神経)への血液供給が悪くなります。それによって音を伝達する器官(中耳)と感じる器官(内耳)、音を脳へ伝える器官(前庭神経)の機能が低下し、耳鳴りや難聴が起こると考えられます。

    続きを読む
  6. 胃腸と自律神経

    消化、吸収、排泄など胃腸の働きは副交感神経によって活発になります。ストレスで脳に体内静電気が溜まります。脳の異常な興奮で交感神経優位になると、胃腸の働きは低下して、便秘、胃もたれ、胸焼け、胃痛、食欲不振等の症状が起こります。

    続きを読む
  7. めまいと自律神経

    交感神経が過剰に働くと顔面~首の筋肉が緊張し、それにより脳への血流が制限されます。それが内耳の機能低下を引き起こしてめまいが起こると考えられます。病院で検査を受けても、「異常なし」あるいは、「メニエール」と診断された場合は、血流不全が原因と考えられます。

    続きを読む
  8. 目と自律神経

    眼精疲労・疲れ目・ドライアイ等の目の症状の原因は大きく分けて二つです。" 頭部の血流・リンパの循環の低下" 自律神経の乱れ頭部の血流・リンパの循環不全 頭部への血流が低下すると、眼球と視神経の中枢である脳幹に酸素や栄養素を十分に送り届けることができなくなります。

    続きを読む
  9. 頭痛と自律神経

    頭痛の原因の7割は緊張型頭痛です。緊張型頭痛は、緊張した筋肉が神経を圧迫することで起こります。交感神経が優位になると、自動的に肩~首~頭部の筋肉が緊張しますので、緊張型頭痛が起こり易くなるのです。この場合は副交感神経を活発にして交感神経を抑えることが必要になります。

    続きを読む
  10. 自律神経とパニック障害

    パニック発作が起きるときは必ず交感神経が過剰に働いています。そもそも交感神経は危機が迫った時の防衛反応として、体を「闘争&逃走」モードにするためのシステムです。

    続きを読む
ページ上部へ戻る