ブログ

  1. 睡眠が深いほど、体温は大きく低下する

    夜は体温が低くなります。その原因のひとつは、昼間とちがって、ほとんど体を活動させないことですが、それ以外にも、睡眠自体が体温を低下させていると考えられます。まったく眠らないでいても夜は体温が少しは下がりますが、眠ったほうがさらに体温は低くなります。

    続きを読む
  2. 睡眠と体温は、体内時計が関係している

    1日の体温の動きは、大きく分けると2つの仕組みによって調節されていると言われています。ひとつは体内時計、もうひとつは熱産生・放熱機構です。

    続きを読む
  3. よく眠れる体温の状態とは?

    日本人の成人の5人に1人が睡眠についての悩みを抱えているといわれます。眠れない原因としては、体の不調、環境の変化、精神的ストレスや心の病気、薬やアルコールなど、いろいろなことが考えられますが、優整体センターでは体内静電気が関連していると考えています。

    続きを読む
  4. 身のまわりの電磁界について

    これまでシリーズで、「身のまわりの電磁界について」平成29年4月環境省 環境保健部 環境安全課のレポートを見てきました。

    続きを読む
  5. 国際的なガイドラインとはどのようなものですか?

    非常に強い電磁界に人体がばく露されると、健康影響が生じる恐れがあります。この健康影響から人体を防護するため、どのようにばく露を制限したら良いかを示すのが、ガイドライン(防護指針)です。

    続きを読む
  6. 電磁界は医療機器に影響を及ぼすのですか?

    自律神経専門院 優整体センター...

    続きを読む
  7. 電磁界の健康影響についてはどのようなことがわかっていますか?2

    前回、世界保健機関(WHO)では、静電磁界、超低周波電磁界、高周波電磁界、電磁過敏症(電磁波過敏症)に関する見解について書きました。公的な機関が、このような見解をするのは想定内のことです。

    続きを読む
  8. 電磁界の健康影響についてはどのようなことがわかっていますか?1

    電磁界の健康影響については、「送電線の近くでは⽩⾎病が増えるのでは」とか、「携帯電話を使⽤すると脳腫瘍が増えるのでは」といった懸念を抱いている⽅々がいます。これらについて、世界保健機関(WHO)では以下のような⾒解を⽰しています。

    続きを読む
  9. 電磁界にはどのような⽣体作⽤があるのですか?

    ⾮常に強い静電界の中では放電による不快感などを⽣じることがあります。⾮常に強い静磁界の中で頭を動かすと、めまいや吐き気などを⽣じることがあります。⾮常に強い超低周波電磁界には、体内電界を⽣じさせ、神経や筋に影響を及ぼす「刺激作⽤」があります。

    続きを読む
  10. 電磁界の種類

    電磁界は、「周波数」と「波⻑」によって性質が異なり、次のように分類されます。周波数が低い(波⻑が⻑い)方から順に、静電磁界、超低周波電磁界、中間周波電磁界、高周波電磁界に分けられます。

    続きを読む
ページ上部へ戻る