札幌の自立神経専門院 優整体センター

ブログ

スマホの時間 わたしは何を失うか1

昨年2月15日、日本医師会・日本小児科医会が、子どもたちのスマホ利用に関する啓発ポスターを発表しました。

このポスター、全国17万カ所の診療所に配布されました。内容は、下記に記しました。

「スマホの時間 わたしは何を失うか」
◆スマホを使うほど、学力が下がる
◆脳にもダメージが!
◆コミュニケーション能力が下がる
◆視力が落ちる
◆体力が下がる
◆睡眠時間を失い、体内時計が狂う

私はこのポスターを見て、日本医師会・日本小児科医会もやる時にはやるな~と思いました。しかし、一部には批判的な意見もあるようです。

批判的な意見としては、「スマホはこんなに危ない」と危機感を煽るだけで、具体的なスマホの使い方についての観点が無いこと。スマホ持っている小学生は約20%。しかし音楽プレーヤーや3DSを駆使してほぼ100%がSNSでつながっています。

そんな時代に「スマホは危ないから使わないようにしましょう」という啓発が役に立たないことは子どもの実態を知っていればわかるはずだと思います。

それよりも子どもを守るために「スマホ依存で眠れないときの対処」「スマホいじめにあったときはどうする?」などの教育ノウハウの蓄積が必要だと思います。その他の意見も多数ありました。

次回、電磁波過敏体質の立場として意見を述べたいと思います。

自律神経専門院 優整体センター

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。