札幌の自立神経専門院 優整体センター

ブログ

眠ろうとするとき、体は自分で体温を下げている

眠りに入る時に、手足の甲の皮膚血管が開き、体に対する手足の相対的温度が上昇します。

そして、手足から外界に熱が逃げていくことで体の内部の温度が下がっていきます。

眠いとき、赤ちゃんの手が暖かくなるのと同じで、特定の皮膚部位(ここでは手足の甲)から熱を外界に逃がすことで体の内部の温度を下げ、つまり体全体の代謝を下げ、これに引き続いて脳温も下がって眠りに入るのです。

人間の脳はほかの動物とくらべて、高い機能をもっており、昼間は脳をフルに使って生活しています。そこで疲れた脳が オーバーヒートしないように、脳の温度を下げて休ませ、脳の疲労を回復させるのが睡眠なのです。

自律神経専門院 優整体センター

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。