札幌の自立神経専門院 優整体センター

ブログ

インド最高裁 携帯基地局、がんの原因と認める3

しかし電気通信庁はこの論理を信じていない
インド政府は2015年に、「携帯基地局タワーが電磁波(EMF)の制限値を超えた」ことにより多数の電気通信事業者に国が合計1億0800万ルピーの罰金を請求したと発表した。

しかし、携帯基地局タワーからの放射線の有害な影響について疑義が生じた際、インド電気通信庁は明確に否定している。

彼らの検証によれば、携帯基地局タワーからの放射線が限界を下回っている限り、人間や動物には害はない。

アラハバード高等裁判所への答弁書で、インド電気通信庁はこう主張していた:「これまでのところ、携帯電話からのEMF放射線の健康上の悪影響について決定的な証拠が世界保健機構(WHO)によって見いだされなかった。

携帯基地局タワーの近辺のEMFの強さのレベルが規定された制限を下回っている限り、 近くで生活している人間の熱効果による健康悪化が懸念されるべきではない」。この答弁書は2014年に政府によって提出された。

しかし、今回の最高裁判決により、携帯基地局タワーからの放射線とその有害な影響について、より多くの研究と意識を生み出す必要があると思われる。

自律神経専門院 優整体センター

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。