札幌の自立神経専門院 優整体センター

ブログ

体温の重要性と低体温化のリスク4

栄養失調や急性アルコール中毒、体温調節能の低下などにより、身体の中心の温度が35℃以下になった状態を、「低体温症」と言います。

低体温症になると、身体が震えはじめ、放熱を抑えるために血管が収縮し、心拍数の低下が認められるようになります。

また、血流の流れが滞るため脳に酸素が回らなくなり、死の危険性が出てきます。

現代人の低体温化は、様々な疾患を招く要因となる、とても恐ろしいものだったのです。

病気を未然に防ぐためにも、体温を上げるようにしましょう。

自律神経専門院 優整体センター

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。