ブログ

良い睡眠を取るためにホルモンを上手に分泌させましょう4

昼間は「セロトニン」、夜間は「メラトニン」という2つのホルモン分泌の流れが良い睡眠をもたらします。

この2つのホルモンの好循環を促すための重要なポイントがいくつかありますので紹介していきます。

4.リズム運動を習慣的に行う

リズム運動は「セロトニン分泌」を促すことが知られています。リズム運動とは、例えば、ガムをかむ、ダンスを踊る、ウォーキング、水泳などリズムがある運動のことをさす。ウォーキングをするときも「イチ、二、イチ、二」というようにてきぱきとテンポよくリズムを刻むのが良いです。

朝20分程度、ウォーキングをすれば、朝日を浴びて「セロトニンの分泌」が促され、夜の「メラトニン分泌」も約束されることになります。運動は習慣的に行うことで、良い睡眠を取ることができます。

自律神経専門院 優整体センター

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。