札幌の自立神経専門院 優整体センター

ブログ

開業当初の施術の様子

開業当初は、素手で施術していました。

最初は何もわからなかったので、数人施術した後、自分の手を見てびっくりしました。指が2倍に腫れていました。それでも続けて施術をしていると、関節が曲がらなくなってきて、最後は腫れた指先が割れて血が噴き出してきました。

このことは、“電磁波過敏体質”の弊害で、私自身が相手の静電気を受けていることだったのです。

自分自身の“電磁波過敏体質”を逆手にとって「体内静電気」をターゲットとする新しい整体に独自の生き方を見出すことになりましたが、何ともリスクが高く、十字架を背負って生きていくことを決意せざるを得ませんでした。

自律神経専門院 優整体センター

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。