札幌の自立神経専門院 優整体センター

ブログ

3.否定的(ネガティブ)な感情・性格、大きな出来事 その3

私は、否定的(ネガティブ)な感情や性格の人には、次回来院するまでの宿題にしています。

否定的(ネガティブ)な感情に気がついたら、「ありがとう、ごめんなさい、許してください、愛しています」この4つの言葉を言うように伝えています。

次に来院した際に、宿題をしっかりやってきた人の体内静電気は痛くないのでわかります。

痛い場合には、また一緒に唱和し、癖になるまで続けるようにしています。

それは、私のためではなく、あくまでも本人のために行っています。

昔から、否定的(ネガティブ)なことよりも、肯定的(ポジティブ)なことを思うようにしなさいと、様々な賢者たちが言ってきましたが、否定的(ネガティブ)な思いは、自分自身を攻撃していたのです。

ですから、この痛みや体の不調の原因は、否定的(ネガティブ)な思いから起こる体内静電気ということを覚えておいてください。

自律神経専門院 優整体センター

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。