札幌の自立神経専門院 優整体センター

ブログ

NHK ガッテン 「つら~い冷え症が改善!血管若返り術」3

2017年2月8日(水)の放送で、冷え性に関する特集をしていました。

2.10人に1人!? 脳梗塞を引き起こす”危険な冷え症”

今回、冷え症の改善ワザを取材していたところ、”危険な冷え症”の人がいることも分かってきました。その”危険”とは、血圧の異常です。

健康診断などでは、「血圧に問題なかった」という冷え症の方のなかに、激しい血圧変動を起こしている人がいたそうです。

実際に冷え症の女性を調べたところ、およそ10人に1人の割合で激しい血圧変動が起こっている人が見つかったそうです。

こうした血圧変動の原因は、血管が硬くなっていることと、自律神経が乱れていること。そう、冷え症を引き起こす原因と全く同じです。

さらに、こうした血圧変動は脳の血管に影響し、脳梗塞を引き起こすリスクが高くなることが分かっています。

でも、ご安心下さい!そんな”危険な冷え症”を見分ける簡単な方法があります。 それは、普通に血圧を測ったあと、立って座ってからもう一度測るという測定法です。

この2回の測定値(上の値:収縮期血圧)の差が15以上であれば、”危険な冷え症”である可能性が高いです。何度も測定しても差が15以上の場合は、血圧の専門医(循環器内科など)の受診をお勧めします。

自律神経専門院 優整体センター

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。