札幌の自立神経専門院 優整体センター

ブログ

“スマホ認知症”20代の物忘れ外来患者も3

前回、脳神経外科医・奥村歩医師の話「移動中、食事中、休日、就寝前、スマホと一緒に過ごしていたこの時間をぼんやりする時間に切り替え、スマホ認知症と無縁の生活を。」ということは、相当甘いアドバイスと言いました。

私ならば、スマホを枕元から2メートル以上離します。そして、必要以外、スマホの使用を禁じます。

更に寝室の電磁波対策を徹底してもらい、WIFIの電磁波対策もしてもらいます。

それらをした後に施術を行います。このことをしないままお客様を返すと、また電磁波の影響を受けて振り出しに戻るからです。

これらのことからも、電磁波による影響は相当根深く、一般の人たちは、そもそも電磁波のことを知らない、気がつかない、気のせいにします。だいたい病院の医師のほとんどが、電化製品の電磁波の影響を疑うこともしませんので仕方がありません。

日本は、電磁波大国あるいは電磁波天国と言っても良いです。今や認知症は老人ばかりではありません。若年層にまで広がっているということを認識するべきです。

自律神経専門院 優整体センター

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。