adminの記事一覧

  1. デトックス・解毒の重要性

    これまでバランスの取れた食生活で、「トリプトファン」を上手に取り入れることが、「セロトニンの分泌」、さらには「メラトニンの分泌」を高めますと書いてきました。しかし残念なことに、皆様にお伝えしなければいけないことがあります。

    続きを読む
  2. 良い睡眠を取るためにホルモンを上手に分泌させましょう5

    昼間は「セロトニン」、夜間は「メラトニン」という2つのホルモン分泌の流れが良い睡眠をもたらします。この2つのホルモンの好循環を促すための重要なポイントがいくつかありますので紹介していきます。5.笑いのある生活をする「セロトニン」はしばしば「幸福ホルモン」と言われます。

    続きを読む
  3. 良い睡眠を取るためにホルモンを上手に分泌させましょう4

    昼間は「セロトニン」、夜間は「メラトニン」という2つのホルモン分泌の流れが良い睡眠をもたらします。この2つのホルモンの好循環を促すための重要なポイントがいくつかありますので紹介していきます。

    続きを読む
  4. 良い睡眠を取るためにホルモンを上手に分泌させましょう3

    昼間は「セロトニン」、夜間は「メラトニン」という2つのホルモン分泌の流れが良い睡眠をもたらします。この2つのホルモンの好循環を促すための重要なポイントがいくつかありますので紹介していきます。

    続きを読む
  5. 良い睡眠を取るためにホルモンを上手に分泌させましょう2

    昼間は「セロトニン」、夜間は「メラトニン」という2つのホルモン分泌の流れが良い睡眠をもたらします。この2つのホルモンの好循環を促すための重要なポイントがいくつかありますので紹介していきます。

    続きを読む
  6. 幸せホルモン3

    「セロトニン」が増えれば、体も心も健康になることが可能です。今回は、「セロトニン」を増やす5つの方法のうち残り3つについてご紹介します。③軽いリズム運動をする一定のリズムを刻む単純な運動をすると「セロトニン分泌」に効果があるようです。

    続きを読む
  7. 幸せホルモン2

    幸せホルモンの「セロトニン」はどんな時に増えるのでしょうか?「セロトニン」という物質は、生活習慣によって増えたり減ったりることがわかっています。

    続きを読む
  8. 自律神経の基礎知識5

    ストレスを受け続けたときに実感しやすい体調変化として、だるさや倦怠感、冷えやこり、胃腸の不調が挙げられます。長時間の仕事やデスクワークなどで交感神経が優位になり続けると、血管が収縮し、血流が悪くなります。すると、温かい血液が全身に行き届かなくなり、冷えにつながります。

    続きを読む
  9. 自律神経の基礎知識4

    物事の捉え方は性格によって異なり、何をストレスと感じるかにも個人差があります。また、対人関係などの悩みだけでなく、温度や音、においといった刺激を不快に感じる場合、人によってはストレスとなります。

    続きを読む
  10. 自律神経の基礎知識2

    自律神経の中枢は脳の視床下部という場所にありますが、脳のそれ以外のさまざまな部位も自律神経と関わっていることが最近になってわかってきました。自律神経は実に数多くの内臓器官に関わる重要な神経で、心臓、肺、胃腸、肝臓、膀胱、唾液腺、内分泌腺、汗腺、瞳孔、血管などに分布しています。

    続きを読む
ページ上部へ戻る