未分類

  1. 自律神経の乱れが引き起こす疾患2

    自律神経の乱れが引き起こす疾患2B.神経性胃炎仕事などによる精神的なストレスや過労が原因となる胃炎です。

    続きを読む
  2. 自律神経の乱れが引き起こす疾患1

    A.自律神経失調症精神的なストレスや過労が引き金となって自律神経が乱れ、心や体に不調があらわれた状態です。不安や緊張、抑うつなどの心のトラブルにより、吐き気をはじめ多汗、全身の倦怠感、頭痛、肩こり、手足のしびれ、動悸、不整脈、めまい、不眠などの症状があらわれます。

    続きを読む
  3. 自律神経の乱れ3

    自律神経の乱れを日常生活から見ていくと、前回は昼夜逆転などの不規則な生活が考えられると言いました。今回は…。C疾患が原因となる自律神経の乱れ自律神経失調症や更年期障害が自律神経の乱れを引き起こす代表的な疾患です。

    続きを読む
  4. 自律神経の乱れ2

    自律神経の乱れを日常生活から見ていくと、前回は精神的、身体的ストレスが考えられると言いました。今回は…。B昼夜逆転などの不規則な生活私たちの体は一定の生体リズムに従って働いています。

    続きを読む
  5. 自律神経の乱れ1

    自律神経は、循環器、消化器、呼吸器などの活動を調整するために、24時間働き続けている全自動の神経です。人間の意識に関係なく働きます。体の活動時や昼間に活発になる交感神経と、安静時や夜に活発になる副交感神経があります。その2つのバランスをそこなうのが「自律神経の乱れ」です。

    続きを読む
  6. 震災後、お客様を施術して分かったこと

    平成30年9月6日午前3時8分ごろ、北海道胆振(いぶり)管内厚真町(あつまちょう)で道内初の震度7を観測しました。当院の所在地は、札幌市清田区里塚です。ここの地域は、たびたび液状化のニュースで出ていたところで、震度5強でした。

    続きを読む
  7. 真夏のファッションは危ない!

    半袖シャツに短パン、サンダル姿は夏の定番の格好ですが、その姿は危ないと、前回書きました。その理由は、寒さに対して鈍感になるからです。本当は寒いのに鈍感になっていると、体は益々芯から冷えてきます。私が言う芯とは、骨のことです。

    続きを読む
  8. 水中毒 2

    前回、7リットルの水を飲んだ米国の女性が、水中毒で死亡したことを話しました。必要摂取量以上の水分を無理やり飲むことは、日常生活ではまずあり得ません。当院でもこまめな水分補給を勧めています。

    続きを読む
  9. 水中毒 1

    私も最近知ったのですが、米国のあるラジオ番組が開催した「水飲みコンテスト(どれだけトイレに行かずにどれだけ水を飲めるのかという競技)」に参加した女性が、約7リットルの水を飲んだ後に、頭痛と腹部の異常な膨らみを訴え数時間後に死亡、検視の結果「水中毒」とわかった事故があります。

    続きを読む
  10. 現役医師が警告する、「エナジードリンク」大量摂取の危険性2

    エナジードリンクが、海外で少し問題になっていることを皆様はご存知でしょうか?現在すでに、イギリスでは子供には禁止にしています。更に、リトニアでは未成年の購入が禁止の方針が発表されたそうです。その理由は、カフェインの量です。

    続きを読む
ページ上部へ戻る