札幌の自立神経専門院 優整体センター

ブログ

  1. ハイブリッド車や電気自動車の電磁波がヤバイ!

    私が電磁波過敏症体質になってから、電磁波が多いところは気になります。実は、毎日乗る車も気になっています。とはいえ、普通のガソリン車ですが、長距離運転すると必ず眠気、注意力低下などの症状が起きます。ブラックガムをいくら噛んでも眠気に襲われます。

    続きを読む
  2. 何故、目に見えないものを否定するのか?3

    前回、これから販売する薬を飲む患者のグループと、偽薬を飲む患者のグループに分け、偽薬を飲んだグループの中にも著効や有効の人たちが何人か出てくるというところまで話しました。続きを始めます。普通は、偽薬に反応する人たちはあり得ない人、めでたい人とされていました。

    続きを読む
  3. 何故、目に見えないものを否定するのか?2

    例えば、ある時鏡を見たら自分の顔でなくなった顔面麻痺の方、最初は病院に通います。そして、処方された薬をちゃんと飲みます。それでもよくなりません。1年たっても一向に治りません。しびれを切らして主治医に聞きます。「私の顔はいつになったら治りますか?」主治医は言います。

    続きを読む
  4. 何故、目に見えないものを否定するのか?1

    何故、脳が体内静電気を溜めてしまうのかについて、一つ目はストレスにより交感神経になった脳の血管は細くなり、そのことで血管壁と血球の摩擦が多くなり体内静電気が生じます。二つ目は電磁波を浴び続けることで、三つ目は紫外線を浴び続けることで体内静電気が多くなります。

    続きを読む
  5. 何故、脳に体内静電気が溜まりやすいのか3

    春から夏にかけて多くなるのが紫外線です。この紫外線も体内静電気が脳に溜まる原因の一つです。優整体センターに来院しているお客様の中にもゴルフ大好き人間がたくさんいます。ある夏、いつものように頭を施術していると、異常に頭から静電気が放電する人が続出しました。

    続きを読む
  6. 何故、脳に体内静電気が溜まりやすいのか2

    何故、脳が体内静電気を溜めてしまうのかについて、一つ目はストレスにより交感神経になった脳の血管は細くなり、そのことで血管壁と血球の摩擦が多くなることで体内静電気が生じると、前回話しました。それでは2つ目ですが、電磁波を浴び続けることで体内静電気が多くなります。

    続きを読む
  7. 何故、脳に体内静電気が溜まりやすいのか1

    前回、私の体験談を通して、体内静電気が増えることで自律神経を狂わせるという話をしました。それでは何故、脳が体内静電気を溜めてしまうのかについて述べたいと思います。一つ目は、脳には太い血管の他にも毛細血管がたくさんあります。

    続きを読む
  8. 体内静電気を抜く3-2

    「30分間待たされた時には、めまい、吐き気も起きてきました。」ということは、明らかに自律神経が狂ってきています。自律神経の働きは、人間が生きていくために、無意識のうちに心身の機能を調節してくれる神経です。この神経が狂うと、生命活動での不具合が生じます。

    続きを読む
  9. 体内静電気を抜く3-1

    体内静電気がたくさん溜まると、私の手はビリビリします。ビリビリ感の違いで体内静電気の量がわかります。それでは、体内静電気が溜まると体の中はどうなるのでしょうか?これが多くの人たちの疑問だと思います。体内静電気が発生する原因につきましては、これまで何度もブログで述べてきました。

    続きを読む
  10. 体内静電気を抜く2

    前回、生き物は自ら発電させて動く(生きる)ため、摩擦によって必ず静電気が生じます、と言いました。自ら発電する動物としては、電気クラゲ、ナマズ、ホタルなどが有名ですよね。優整体センターに来院されるお客様に微弱電流の話をすると、びっくりして拒絶する方がいます。

    続きを読む
ページ上部へ戻る