札幌の自立神経専門院 優整体センター

ブログ

  1. 電磁波過敏症の人

    アメリカ合衆国の医学者であるウィリアム・レイ によって「電磁波過敏症」と命名されました。しかし、正式な病名ではありません。

    続きを読む
  2. フラワーシャーベット

    このシンボルは、「フラワーシャーベット」です。 医療法人社団 丸山アレルギークリニック 院長 丸山修寛先生が開発されたデザインです。とっても美しいデザインです。「フラワーシャーベット」の意味は、「清廉・純真」です。 「清らかな愛を育みたい場合に。

    続きを読む
  3. 腹巻の効果

    北国の人は、一般的に秋頃から体に脂肪を蓄えて冬に備える傾向にあります。そして、温かくなると自然に脂肪も落ちてきます。以前、「腹巻のススメ!」の記事の中で、.「お腹が冷えると、基礎代謝は低下します。また、脂肪がつきやすくなります。そんな状態でダイエットをしても効果は期待できません。

    続きを読む
  4. 放電作用

    寒波の来襲で全国的に冷えています。さて、当院に来られるお客様もこの時期、例外なく皆さん「ヒエラ~」です!つまり、からだが冷えています。私が冷えた体に触ると、放電作用が起きます。 えっ?と驚かれるかもしれませんが、実際に起きています。

    続きを読む
  5. ヒエラ~

    「ヒエラ~」という言葉を知っていますか?身体が冷えている人のことを言うそうです。私のように毎日施術をしていると、全身冷え冷え状態の「ミスター&ミス&ミセス ヒエラ~」の方々に出会います。冷えを自覚している人はともかくとして、 自覚をしていない人がいるのにはビックリしています。

    続きを読む
  6. 病気は治ったもの勝ち! 副作用ゼロのエネルギー医学

    病気は治ったもの勝ち! 副作用ゼロのエネルギー医学(静風社)日本自律神経免疫治療研究会会長 永野剛造丸山アレルギークリニック 理事長 丸山修寛現代医学の考え方や治療だけでは完治しない難病が増える中、病気や体調不良の背景には人工電磁波の増加や地磁気の減少が大きく関係すると考え、...

    続きを読む
  7. 血流は‶静電気デトックス‶でよみがえる

    血流は‶静電気デトックス‶でよみがえる (宝島社) 響きの杜クリニック 院長 西谷雅史1章 ひどい疲れと頑固な冷えは「帯電障害」が原因 2章 うつと間違われやすい帯電障害 3章 放射能だけではない‶危ない電磁波‶ 4章 帯電障害の苦しみから解放された人たち 5章 アーシン...

    続きを読む
  8. 起立性調節障害と電磁波過敏症

    先日、当院に「起立性調節障害」と病院で診断された女子高校生とご両親が来院しました。「起立性調節障害」とは?日本小児心身医学会のホームページには、以下のように記載されています。「起立性調節障害は、血圧は低下し、脳血流や全身への血行が維持されなくなります。

    続きを読む
  9. 腹巻のススメ!

    施術中でも施術後でも、老若男女を問わず、腹巻を勧めています。私自身、腹巻歴20数年のベテランなので、お客様には「ほら、私も身に着けているでしょう!」と言って、お見せしています。 有名な女優さんやモデルの方々も愛用されてからか、最近では、お洒落な女性用腹巻も出てきました。

    続きを読む
  10. 家庭教師

    昔話ですが…私が小学生の頃、成績は6年間ビリ男でした。映画「ビリギャル」が流行りましたが、私の場合、病弱で、背も低く、成績はオール1でした。当然、クラスの中でも最下位で、「どじな人」のNO1を6年間キープしました。そんな頭が悪い私のことを心配した親が、私に家庭教師を頼んでくれました。

    続きを読む
ページ上部へ戻る