ブログ

  1. 日常生活でできる予防法3

    D.音楽やペットで暮らしを明るくする好みの音楽を聴くことで、筋肉の緊張が解け、リラックス感が得られます。また、ペットを飼うことは、一人暮らしの寂しさを癒したり、一緒に遊ぶことでリラックスが得られます。これらのことは、ストレス解消に役立ちます。

    続きを読む
  2. 日常生活でできる予防法2

    C.ストレスの芽を早めに摘む・目の前のことだけに集中する。・気がかりなことは紙に書いて頭に残さない。・休日は仕事を忘れて過ごす。・悩みがあったら親しい人に早めに相談する。自分なりの対処法を身に付けて、ストレスが溜まらないうちに解決するようにしましょう。

    続きを読む
  3. 日常生活でできる予防法1

    A.気分転換を図るスポーツや趣味に没頭してみる。仕事や家事など、普段とは違う行為に集中することで気分転換になります。また、普段の生活圏を離れ自然の中で森林浴をするなど、心身のリフレッシュを図りストレスを改善することで、普段の状態を取り戻すことができます。

    続きを読む
  4. 自律神経の乱れが引き起こす疾患7

    G.メニエール病ストレスなどが原因で内耳のリンパ液に異常が生じます。自分や周囲がぐるぐる回るめまいと、どちらか一方の耳にだけ起きる耳鳴り、そして難聴の3つが同時に起き、多くの場合、強い吐き気や嘔吐をともないます。

    続きを読む
  5. 自律神経の乱れが引き起こす疾患5

    E.不眠症とくに疾患が見当たらないのに、床についてもなかなか眠れない、熟睡できず途中で何度も目が覚める、朝早くに目覚めてその後寝付けない、悪夢にうなされるといったこともあります。

    続きを読む
  6. 自律神経の乱れが引き起こす疾患4

    D.十二指腸潰瘍ピロリ菌やストレス、非ステロイド性消炎鎮痛剤、ステロイド薬などが粘膜に傷をつけ、さらに消化作用を持つ胃酸・消化酵素が十二指腸の粘膜や壁を消化することにより起こります。

    続きを読む
  7. 自律神経の乱れが引き起こす疾患3

    C.胃潰瘍ピロリ菌やストレス、非ステロイド性消炎鎮痛剤、ステロイド薬などが胃粘膜に傷をつけ、さらに消化作用を持つ胃酸・消化酵素が胃粘膜や胃壁を消化することにより起こります。特徴的な症状は、みぞおち周辺のズキズキとした重苦しい痛みです。

    続きを読む
  8. 自律神経の乱れが引き起こす疾患2

    自律神経の乱れが引き起こす疾患2B.神経性胃炎仕事などによる精神的なストレスや過労が原因となる胃炎です。

    続きを読む
  9. 自律神経の乱れが引き起こす疾患1

    A.自律神経失調症精神的なストレスや過労が引き金となって自律神経が乱れ、心や体に不調があらわれた状態です。不安や緊張、抑うつなどの心のトラブルにより、吐き気をはじめ多汗、全身の倦怠感、頭痛、肩こり、手足のしびれ、動悸、不整脈、めまい、不眠などの症状があらわれます。

    続きを読む
  10. 自律神経の乱れ3

    自律神経の乱れを日常生活から見ていくと、前回は昼夜逆転などの不規則な生活が考えられると言いました。今回は…。C疾患が原因となる自律神経の乱れ自律神経失調症や更年期障害が自律神経の乱れを引き起こす代表的な疾患です。

    続きを読む
ページ上部へ戻る